• 269月

    わずか1滴の血液から膵臓がん を見つける新しい診断法が開発された。 2016年までの実用化が予定されている。

    同様の診断法はすい臓がんだけでなく、大腸がんでも確立されており、血液1滴で複数のがんが早期診断できる見通しだ。

    開発したのは神戸大と島津製作所。治療の困難な膵臓がんでも、早期ならば治療できる可能性が高い。しかし、自覚症状に乏しいため、早期発見が難しいジレンマがあった。

    研究チームでは、「キシリトール」など4種類の物質を膵臓がんの指標として評価することで、がん患者と健康な人に区別する明確な診断が可能となった。

    従来の技術であるタンパク質を評価する手法では、 早期がんの4~5割程度しか発見できなかったが、新しい手法として4種類の物質を総合評価すると8割程度に発見に改善された。

    検査に要するのは、「指先の血液1滴」で、検査費用の目安は現行の血液検査費用と同等の1500円を見込んでいる。

    血液1滴の安価な検査で、主要ながんを一気に検査、早期発見できる検査法の確立は近い。そうなるとすい臓がんだけでなく、多くの癌の生存率は飛躍的に向上するだろう。

  • 199月

    日本が世界に誇るスーパーコンピューターの『京』が、新しい抗がん剤の候補物質を発見した。

    2012年9月に本格稼働したスーパーコンピューターの『京』は、タンパク質解析の計算を実施し、新しい抗がん剤の候補物質を10種類以上発見したのだ。

    今後の抗がん剤新薬開発に期待が高まっている。

  • 139月

    カレーには、ウコンという香辛料が多く含まれており、ウコンにはポリフェノールの一種である『クルクミン』という成分が多い。肝機能の改善に有効な栄養素として知られている。クルクミンの持つ胆汁分泌促進作用が肝機能を高めてくれるからだ。

    クルクミンは、がん治療にも有効で、 前立腺がんのPSA(前立腺特異抗原)が減少し、 がん発症を抑制する働きや、がん転移を抑制する効果も研究報告されている。

    その他にも、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマーなど、加齢に伴う疾患も予防する働きがクルクミンには確認されているのだ。

    二日酔い程度ならカレーライスでクルクミンを摂取するのも良いが、 がんの予防や治療にクルクミンを集中摂取するならクルクミン入のウコンドリンクやサプリメントの利用も検討に値するだろう。