• 2512月

    ステージ4の大腸がんの5年生存率は、 20%を超えていれば優秀な病院とされる。

    大腸がんは隣接する他の臓器へ転移し易いがんであるため、治療は難しく、ステージ4 いわゆる末期の大腸がんの手術では、広い範囲のがん病巣を徹底的に取る切る根気が執刀医に不可欠な素養となるのだ。

    末期からの大腸がん治療の成績が高い病院を下記に挙げる。

    1. ステージ4大腸がんの5年生存率21.2%:名古屋医療センター(症例数328)
    2. ステージ4大腸がんの5年生存率20.3%:埼玉県立がんセンター(症例数456)
    3. ステージ4大腸がんの5年生存率19.4%:がん研有明病院(症例数712)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です