• 0612月

    乳がん治療の抗がん剤新薬の治験が好成績を収めている。

    開発中の乳がん新薬は、開発コードの「PD-991」で呼ばれている。「PD-991」は、米国の大手製薬ファイザーが開発中の抗がん剤新薬

    PD-991は、進行性・転移性乳がんの患者を対象とした抗がん剤新薬で、その治験は第2相臨床試験が完了した。新薬の治験結果は、生存期間の著しい改善が認められたのだ。

    既存の抗がん剤レトロゾール(製品名:フェマーラ)の単独投与では7.5カ月だった余命期間(無増悪生存期間)が、新薬PD-991を併用投与した結果は26.1カ月へと大幅に余命が延長されたのだ。

    今後は、第3相臨床試験が開始される計画で、 乳がんの抗がん剤新薬へ大いに期待が高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です