• 1411月

    すい臓がん治療に新しい抗がん剤治療法が開発されている。

    抗がん剤のアブラキサン(パクリタキセル)とゲムシタビン(ジェムザール)の併用で、生存期間が延びることが確認されたのだ。アブラキサンは、抗がん剤「パクリタキセル」をヒトアルブミンと結合させた懸濁注射剤だ。

    スイスの製薬会社セルジーンが、未治療の進行性すい臓がん患者を対象とした治験を実施し、アブラキサン(パクリタキセル)とゲムシタビン(ジェムザール)の併用治療で第3相臨床試験の結果、全生存期間が有意に改善したのだ。さらに、この2つの抗がん剤を併用する新治療法の安全性は、アブラキサンの単独療法の臨床試験と同等だったとされる。

    すい臓がん抗がん剤は種類が少ないため、新治療法に期待が高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です