• 199月

    日本が世界に誇るスーパーコンピューターの『京』が、新しい抗がん剤の候補物質を発見した。

    2012年9月に本格稼働したスーパーコンピューターの『京』は、タンパク質解析の計算を実施し、新しい抗がん剤の候補物質を10種類以上発見したのだ。

    今後の抗がん剤新薬開発に期待が高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です