• 068月

    最新のがん治療法として注目を集めている陽子線治療法は、従来のエックス線での放射線治療と違って、体を突き抜けず がん患部に集中するため正常組織を傷つけにくいのが特徴。

    しかし、口腔がん治療に対しては、陽子線が空気中では止められないために、口の中の空洞部を通って舌に口内炎などの副作用が発生することが問題だった。

    新しい陽子線照射法では、口腔がん治療へ陽子線を照射する際に、歯型を取る際に使用されるビニールシリコン製緩衝材を利用する。

    これによって、陽子線が遮蔽されて正常組織が有効に防護でき、副作用無しに口腔がん治療が可能なことが証明されたのだ。

    新しい陽子線照射法は福井県立病院陽子線がん治療センターが開発し、米国医学物理学の専門誌「メディカルフィジックス」へ論文が発表された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です