• 257月

    膵臓がんで死亡するがん患者は年間約2万9千人とされる。すい臓がんは、早期発見が難しいことが最大の特徴で、幸運にも手術でがんを取り除けた場合でも術後に膵臓の周囲にがんが転移・再発することが多いために、治療成績が悪いのだ。

    最新のすい臓がんの治療方針は、術前化学放射線療法となっている。

    術前化学放射線療法とは、文字通り手術の前に抗がん剤や放射線治療を実施することで、手術後の転移再発のリスクを最小化しようとする治療法だ。 検査では視認できない、散らばっている可能性の高い細胞を手術前に抗がん剤で叩き、さらにすい臓がんが再発する可能性の高い場所にも手術前に放射線治療を施してしまうのだ。これによって、すい臓がんを手術除去した後の再発転移リスクを減らすことができるとされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です