βグルカン健康食品は最も古くから利用され、今日現在も最も数多く流通している健康食品であろう。
βグルカンの健康食品をがん治療やその他の難病治療に用いて、多くの人間の命が救われてきた事実を歴史が物語っている。
しかし、βグルカンを含む健康食品の多くが、非常に価格が高く、効果を発揮する確率が低いことが問題となってきた。
ここでは、βグルカンの健康食品を選ぶにあたっての注意点と問題点、さらには、その背景を探ることによって、 本当に効果のあるβグルカンと悪意のある無意味に高額な治らないβグルカンの見分け方の一端を紹介する。

水溶性βグルカンの矛盾

非科学的な「水溶性のβグルカン」や「水溶性ベータグルカン」というデマを高らかに掲げて販売している健康食品が横行している。 無意味で有りもしない「水溶性」などという性質が、βグルカンあるから「良い」と同じ業者があちこちに同じ間違った理論を掲載しているのだ。βグルカンに関するデマの中でも最も低級な論説だが、業者の努力によって間違った情報が広まっている。

水に溶けたほうが栄養が吸収し易い という発想は、小学生並みの知識レベルと言える。幼稚な理論で、有効成分であるベータグルカンが非常に少ない水溶液を少しでも高く売るための悪質な風説の流布なのだ。

全ての栄養素が、水に溶けて吸収されるわけではない。栄養素の化学的性質と体内での各消化器官の働きによって、吸収される経路が違う。 水に溶けることで吸収される栄養素もあるが、油に溶けることで吸収される栄養素もある。そして、肝心のβグルカンは、免疫細胞との接触吸収される。βグルカンは吸収に際して、水に溶けることを必要としないことが判明しているのだ。

βグルカンは、胃や十二指腸で分解吸収されずに通過し、小腸の柔突起で免疫細胞マクロファージに接触・捕食されるのだ。βグルカンの吸収課程に水分は不要なので、βグルカンが水に溶けているかどうかは全く意味の無いことだと解る。

純粋な高分子βグルカンの物質としての化学的な性質は、「難水溶性」だ。健康食品のデマサイトではなく、正統な高分子化学の文献には、間違いなくこの性質が明記されている。つまり、純粋な100%のβグルカンの「難水溶性」とは、「撹拌することで水に混濁する」ので、要するに普通のβグルカンはかき混ぜれば水に溶けるのだ。逆の視点は、水に直ぐに溶けるような物質はβグルカンではなく別の加工物質だと判断できる。

水に簡単に溶けるβグルカンがあるとしら、それは「βグルカン以外の異物」が大量に添加されているか、「βグルカンが変性した別の物質」と考えるのが、学術的な考察と言える。

あまりに非科学的な「水溶性ベータグルカン」の宣伝を広めている目的は、 「水に溶いてあるだけのβグルカン」健康食品の販売だ。 「水溶性βグルカン」は要するにベータグルカンを微少量水に溶いた製品であると解釈できる。この製品内容は、高純度のβグルカン製品なら、数十円=匙一杯程度の量を数十秒かき混ぜるだけで出来上がる水溶液に相当する。

同じ単位量の有効成分のために、良いβグルカンを選べば数十円で済む製品と、デマによる付加価値を真に受けると数万円を支払うはめになる製品の典型的な事例だと言える。

Archives

Links :