βグルカン健康食品は最も古くから利用され、今日現在も最も数多く流通している健康食品であろう。
βグルカンの健康食品をがん治療やその他の難病治療に用いて、多くの人間の命が救われてきた事実を歴史が物語っている。
しかし、βグルカンを含む健康食品の多くが、非常に価格が高く、効果を発揮する確率が低いことが問題となってきた。
ここでは、βグルカンの健康食品を選ぶにあたっての注意点と問題点、さらには、その背景を探ることによって、 本当に効果のあるβグルカンと悪意のある無意味に高額な治らないβグルカンの見分け方の一端を紹介する。

インターネットの情報に踊らされないために

一昔前なら知りえなかった詳しい情報・珍しい情報・専門的なで新しい情報がインターネットの普及で、誰でも簡単に入手できる時代だ。 自分で探し出す真実の情報は本当に大切なことを教えてくれることが多く、特定の一部業者との癒着が激しく、偏向報道が満載の大手テレビや大新聞からは得られない情報も取得できる。

健康食品の良い情報も悪い情報もインターネットから情報を集めることで、昭和の時代のように「治った」「効く!」といった怪しい宣伝広告で高額キノコを買う機会は減ったのではないだろうか。高額販売で被害の多いかったアガリクス、メシマコブのキノコ偏向から、内容成分の着目へと消費者の理解が進み、βグルカンという成分が認知され、その効能とともに理解が拡がった。

βグルカンを効率良く摂取するためには、キノコの効率は低いことが知られ始め、純度と効率の良いパン酵母βグルカンが伸びているのは、インターネットによる情報収集を多くの人が活用した結果だろう。

しかし、時として多過ぎるインターネットの情報による弊害となり始めた。情報の発信が誰にでもできるために、悪質な業者のデマや間違った情報も蔓延し始めたのだ。違法な宣伝ならば、素人目にも嘘、大袈裟な広告は見破れるだろう。しかし、巧妙化する業者側では、ヤラセによる口コミや広告業者による仕込みの偽商品レビューといった手口へと進化している。

インターネット技術の進歩は飛躍的だが、多すぎるゴミ情報、悪質情報の取捨選択は、自己責任の度合いを増している。調べたつもりが、怪しい広告を信用してしまい、高額きのこを買わされる例は多いだろう。調べて、調べて、調べれば、最終的にはパン酵母抽出のβグルカンに行き着くのだろうが、これも安く良い商品を買うのは、また調べなければならない。

情報が多いという自由と好機は、同時に調査、分析し、比較するという膨大な作業が必要となる。簡単な作業ではないが、自分と家族のためなら、調査の限りを尽くべきだろう。

Archives

Links :