βグルカン健康食品は最も古くから利用され、今日現在も最も数多く流通している健康食品であろう。
βグルカンの健康食品をがん治療やその他の難病治療に用いて、多くの人間の命が救われてきた事実を歴史が物語っている。
しかし、βグルカンを含む健康食品の多くが、非常に価格が高く、効果を発揮する確率が低いことが問題となってきた。
ここでは、βグルカンの健康食品を選ぶにあたっての注意点と問題点、さらには、その背景を探ることによって、 本当に効果のあるβグルカンと悪意のある無意味に高額な治らないβグルカンの見分け方の一端を紹介する。

価値のある論文とその成果・評価

歴史と格式ある大学会への論文の発表でも、「言ったきり」「発表したきり」ならば、価値は薄い。論文は発表だけならばその内容の軽重や真贋に拘らず可能だからだ。失笑を買うような内容でも、研究者が誇らしげに発表することは多い。

論文の真の価値を計られるのは、発表の後に他の研究者の論文に参考文献として引用される回数と、派生する研究数だ。注目されることで他の研究者も賛同し、追加の関連実験が追従される論文は本当に価値ある論文と言える。 価値のある論文とその成果は、発表後の拡がりによって、その研究対象に対する見識と理解はより深まり、さらなる利用価値が見出されていくのだ。その過程で関連論文数は飛躍的に増大する傾向がある。

健康食品やサプリメントの成分に関連した論文を精読するのは実質困難だが、それらに関連した数でその価値と評価をおおよそ計ることは可能だ。世界中の学術論文を集めたPubMED(MEDLINE)という論文検索サイトは、その成分の評価を計るのに適したシステムだ。世界中で研究発表された論文が検索できる。関連した成分に関して、世界中の研究者が、知力、体力と時間と費やした数だ。

例を挙げるとフコイダン=「Fucoidan」に関する論文は約1000本、βグルカン=「Beta Glucan」に関する論文数は、約11000件以上が掲載されている。

論文数は、その成分に関連した歴史と実績と信頼性に比例していると考えて間違いない。

Archives

Links :