βグルカン健康食品は最も古くから利用され、今日現在も最も数多く流通している健康食品であろう。
βグルカンの健康食品をがん治療やその他の難病治療に用いて、多くの人間の命が救われてきた事実を歴史が物語っている。
しかし、βグルカンを含む健康食品の多くが、非常に価格が高く、効果を発揮する確率が低いことが問題となってきた。
ここでは、βグルカンの健康食品を選ぶにあたっての注意点と問題点、さらには、その背景を探ることによって、 本当に効果のあるβグルカンと悪意のある無意味に高額な治らないβグルカンの見分け方の一端を紹介する。

βグルカンの誇大広告に注意

βグルカン(ベータグルカン)健康食品を選ぶ時に、最も注意が必要なのは、大げさな効果、嘘の体験談などに騙されないことだ。

平常心で、広告を読めば「ウソ、大げさ、紛らわしい」、誇大広告はすぐに見破ることができるはずだ。

典型的な薬事法違反の「がんが治った」だの「糖尿が良くなった」、「末期がんでも回復した」との体験談や口コミ、レビューは、殆ど創作話だ。大げさで刺激的な言葉には、心動かされそうになるが、そのような違法宣伝で販売される商品は価格が異様に高いだけでなく、品質も低級と見るべきだろう。

「薬」のように具体的な効果効能がある宣伝広告は典型的な薬事法違反なのである。法律違反をしても売上に固執する商品は、多くの場合に過剰な利益が含まれた価格で販売されているはずだ。犯罪行為として刑事処分を受けるリスクまで負う程の利益が確保されているのだろうから、価格は超一流でも、商品の品質は二流三流に違いない。

怪しい体験談、ウソの宣伝、大げさな宣伝、サクラの口コミ投稿レビューを大々的に展開する悪質な販売店は、低品質の商品を売って大きな利益を得ている。だから、場所を変え、名前を変え、屋号を変え、何度も出没する。

特にきのこ原料が多いβグルカンの健康食品には、ウソ、大げさ、紛らわしい広告が最も多く溢れている。体験談やレビューが異様に多いハナビラタケも含めて注意が必要だ。

Archives

Links :